danishnetのブログ

「あるネットワークエンジニアの生活。」

ネットワーク

イーサネット新規格「マルチギガビット・イーサネット (IEEE 802.3bz)」

2016年9月23日に承認(標準規格化)された規格で、2.5ギガビット/秒ないし5ギガビット/秒の仕様のイーサネットの規格。マルチギガビット・イーサネットと呼ばれる。既存のギガビット・イーサネットと10ギガビット・イーサネットの中間的な通信速度となる。IEEE…

catalyst2960スタック(StackWise)構成の作り方

Cisco Catalyst2960xをスイッチのスタック構成について作り方や確認・設定方法をまとめておく。 正式にはStackWise、物理的に複数台のスイッチを仮想的に1台のスイッチとして動かす。これにより冗長化や管理性の向上が期待できるが、その概念や実装はそれほ…

(メモ)Ciscoのcatalyst(L2SW)のduplex/speedの設定について

接続先デバイスが自動ネゴシエーションでない100BASE-Tのデバイスである場合 <ポイント> -duplexはfullまたはhalfを「明示的に設定」 -速度をautoに設定。自動ネゴシエーションによって正しい速度が選択される。

学び初め - Active Directory

いままでずっと使ってきました。Active Directory。1ユーザーとして。ずっと会社のクライアントPCはAD環境でした。 昔はなんとなーくそんなんがあるなぁ、でもL3屋さんの仕事じゃないなぁなんて見てみないふりをしてきて、どこかの時点でやっとそろそろ知っ…

IPsecまとめ

IPsec・・・暗号化や認証などを利用しデータ送受信時のセキュリティを実現するための仕組み・フレームワーク。そういう名前の単体のプロトコルがある訳ではない。 誰でもアクセスできるインターネットやキャリア公衆網などの中でも、パケットを「安全に」送…

ネットワークベンダといえばGoogleという日が来る?

Googleはテクノロジーの会社であると思ってはいましたが、再認識させられるとても興味深い記事がありました。 ◆QUICプロトコルの開発 ◆Google独自のネットワークスイッチの開発 QUICプロトコル 本来Webページを閲覧する際には安全性を確保するために3way Han…

スループットの測定方法について

今日とあるコミュニティでネットワークのスループットの測定方法について活発に情報共有をされていたのでチェックしていた。ちゃんとしたネットワークエンジニアになるための基本且つ重要事項としてきちんと抑えておくべき事だと思ったためまとめておこうと…

IPネットワークの基本:"Routing"とは

”Routing(ルーティング)” 簡単に一言でいうと 『パケットの宛先のIPアドレスを見て、最適な経路へ転送すること。』 まず、下図の構成のネットワークで考えてみます。 PC(danishnet)からhost1へパケットを送信するために パケットを受け取ったRouter1はどの様…

STPのBLKポートのLEDがオレンジに。

cat2960の数ポートにハブ何台接続、そのいずれかのハブの間で接続してループが起きた。ループ構成を作ったcat2960で、STPを起動させているとして、ループ構成のポートをポート1とポート2とすると、そのときshow interfaceで状態確認すると1,2ともにlink upし…

cat2960でvlanがrunning-configに表示されない。

cat2960でvlanがrunning-configに表示されなかった。調べて見るとvtpの設定によるものみたいだ。vtpのmodeによって表示に違いあるようです。 transparent:表示される server/client:表示されないclientだとvlan情報を明示的に書かずvtpでvlan管理するから、r…